2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 映画「獄友」上映を成功させたい | トップページ | 沖縄辺野古新基地建設の賛否を問う県民投票 »

2019年1月26日 (土)

政務活動での研修報告 岐阜県可児高校訪問レポート

 政務活動費の不正使用がたびたび報道で問題になっている。確かに市民からすれば、どのように使っているのか、その公費が議員活動に役立っているのか、結果として議員の資質向上=議会の活性化、さらにその結果として市民生活向上につながる市政作りに役立っているのか、全くわからない。
 国会議員の政務活動費は100万円をこえる。県会議員は50万円以上。袋井市は30万円。きちんと何を研修し、それを自分の政策作りに活かし、議会活動につなげたのか、議員は報告する義務がある。
 僕はこのブログでは報告しているが、市政便りでは簡単な会計報告のみで、内容まで報告してこなかった。紙面が足りないのが主要な理由だが、3月に発行する市政便りは、思い切って政務活動研修報告特集を組みたいと思っている。
 下記は袋井市議会事務局に出した報告文。20名の議員には議員懇談会で、犬山市議会議長ビアンキさんを訪問した内容は、きちんと伝えてあるが、時間の関係で可児高校訪問の内容は詳しく伝えることができなかった。

 可児高校では、井藤勝夫教頭、奥田優奈教諭が対応してくれた。校長室で、模擬選挙の目的、実施方法、効果など、具体的な内容の説明を受けた。


 議会及び市から協力を得て、可児市長選の模擬投票を二年に一度校内で実施している。


 目的は、18歳から選挙権が認められ、高校生の投票率をアップする、②自分たちが住む町のことを考え、市政や市の選挙に関心を持たせる,③卒業して他地域に住んでも、やがて故郷に戻って住む・仕事をすることができるよう、地域の魅力を生徒に知ってもらう、一言でいえば主権者教育。


 方法は平成29年度の例によると、3月にテーマ決定。「戻ってきたい可児」

テーマを決めるのは、生徒、市議会議員、サポートするNPO法人緑塾との話し合いで。


4月、子育て、就職、健康の3チームを決定。


6月、チームごと調べ学習


78月、生徒・可児市役所3年目研修職員・市議会・緑塾の4者で、マニュフェストづくりやグループワーク進行など、細部を協議。


9月、全校生徒に事前説明会。


10月、選挙公報を生徒が作成。ポスターは生徒のデザインを基に、議会事務局が完成。選挙管理委員会が投票箱、投票用紙、記載台、計数機を提供貸し出し。


112日、3人の候補者立会演説会、グループ討論、投票、開票、選挙解説。


 立候補者は、3年目研修の市職員。生徒と共に作ったマニュフェストを一人5分で演説。グループ討論には、保護者を含め地域の大人100名が、学年が異なる生徒のグループ(5名前後)105の中に一人入る。大人が足りないところには先生が。


 3人の候補者の演説を聞いた感想やマニュフェスト内容を、大人を交えたグループ内で意見交換する。


 投票結果解説を選挙管理委員会の市職員がする。


 効果  生徒たちにとり、地域の課題について大人と共に考える機会となり、また選挙で何が大切なのかを理解するきっかけとなっている。国政選挙では、90.8%の投票率だった。有権者・主権者教育に大きな効果を発揮している。

 

 説明を受けた感想と所見


 準備が大変だが、地域のNPO法人の協力を得ているので、先生型の負担が少ない。候補者が生徒なら、当選しなかった生徒は傷つくが市職員なので、心のケアは不必要。マニュフェスト作りに、生徒、議員、市職員、サポートする緑塾スタッフ(地域の大人)の4者が関わっているのが、非常に重要だと思った。地域の課題・将来を高校生と共に考える機会となっている。また市の職員研修にも役立っている。


 市議会が4者で作られたマニュフェストを議員の一般質問に取り込んでいるかどうかは、議会訪問がかなわなかったので(申し込んだが、5人以上の視察研修でないとダメと言われた)よく分からないが、市政や選挙に高校生が関心を持つことは議会にとっても有意義だと思われる。また個々の議員にとっても、高校生・若い市職員とマニュフェストを作る過程で、若者の意見や考えを聞く機会が持て、とてもよいやり方だと思う。


 袋井市内の高校と協力して、同様な模擬選挙ができたらなと願う。

« 映画「獄友」上映を成功させたい | トップページ | 沖縄辺野古新基地建設の賛否を問う県民投票 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 政務活動での研修報告 岐阜県可児高校訪問レポート:

« 映画「獄友」上映を成功させたい | トップページ | 沖縄辺野古新基地建設の賛否を問う県民投票 »