2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 韓国と日本 | トップページ | IR疑惑とカジノ »

2020年1月 8日 (水)

イラン革命防衛隊司令官の殺害は国際法違反。戦争への導火線

 米軍によるイランの英雄とされている革命防衛隊コッズ部隊ソレイマニ司令官の殺害は、どのような法的根拠で行われたのか? 国際法廷で具体的な犯罪?内容を明らかにすることなく、米国大使館や米軍施設攻撃を計画している・その危害を未然に防ぐ措置だとアメリカトランプ政権は主張しているが、その証拠や根拠はない。

 イラクが大量破壊兵器を持っているとのウソの情報でイラク戦争を始めたように、今回もアメリカは大きな間違いを犯した。イランとの全面戦争は互いに避けるだろうと思われるが(そう祈るが)、軍事的紛争は間違いなく起きるだろう。それが中東各地で広がるだろう。

 イラク国会は米軍撤退を決議した。アフガニスタン・シリア・イラクから米軍は出ていけ、中東から出ていけとのアラブ諸国民衆の叫びは、ますます高まるだろう。米軍への攻撃は、あらゆる方法で各地で執拗に起きると思われる。

 それに対する米軍の無差別報復爆撃も激化し、民衆の死傷者や住居破壊がたくさん出ることを恐れる。

« 韓国と日本 | トップページ | IR疑惑とカジノ »