2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« ウクライナ戦争で傷つき・殺され、人生・家族・夢・仕事・故郷・大切にしていたもの全てをめちゃめちゃにされる人々と、権力者(政権幹部・軍部首脳)や軍事企業の利益 | トップページ | 9月議会 一般質問 知人への案内文 読み上げ原稿 »

2022年8月28日 (日)

戦争は国家指導者・権力者が始めるが、巧妙に国民・民衆も戦争に進んで参加・協力させられるーキーワードは愛国

 戦争は一部の人だけでやれない。戦争を起こす連中=国の指導層=権力者たちは、愛国をキーワードに、国民・民衆を戦争継続のため、巧妙に罠にかけ、自ら進んで軍隊に志願したり、戦争協力の資金供出、戦争賛美・軍隊・軍人賛美の呼びかけ人にさせる。

 自国民に被害・戦死傷者が出れば出るほど、自国が空爆や砲撃でやられればやられるだけ、国を守ろう、愛する兄弟を守ろう、郷土を守ろう、そのために尊い命をささげて戦っている兵隊さんたちに感謝しよう、との大キャンペーンが国の機関・地方行政の機関・全国の学校、報道機関などを通して、連日、繰り返し繰り返し、行われる。

 国民・民衆は、同じことを違う立場の人々から聞かされ、それが本当だ、従うのは当然・義務だと信じ込むようになる。ちょうどオウム真理教や統一教会の洗脳と同じだ。

 愛国=国を守るのを、批判・否定するのは難しい。こんなことが国を守ることにつながるのか?と疑問を感じても、政府が言っていることに不信感を抱いても、それを口に出して言えない雰囲気=世間が出来上がっている。我慢をこらえるほかない。

 それでも毅然と政府を批判する人がおれば、法律でそれを禁じる。それでも屈せず批判を続ける人は、警察が逮捕・監禁・拷問し、裁判所が有罪判決を出し、監獄にぶち込まれる。

 これは世界中どこも同じ。日本も戦前はそうだった。今のロシアもそうだ。戦争継続のため、国家はあらゆる手段を使う。権力を持つとなんでもできる。都合の悪い法律は改悪する。時には憲法も。

 ウクライナの状況を冷静に見れば、このことがよく理解できる。国民がゼレンスキー大統領に逆らえない、批判できない、不満を口外できない。逆に、ロシア憎し、ロシアに勝つまで戦おうとの気持ちに染まっている。

 ロシア国内も同じ状況だ。

 

« ウクライナ戦争で傷つき・殺され、人生・家族・夢・仕事・故郷・大切にしていたもの全てをめちゃめちゃにされる人々と、権力者(政権幹部・軍部首脳)や軍事企業の利益 | トップページ | 9月議会 一般質問 知人への案内文 読み上げ原稿 »

コメント

ウクライナ戦争は地球環境、人類を破壊する。世界が協力して終わらせねばならない。憲法で世界の平和を希求するとある日本が平和を世界に呼びかけなければならない。
軍備を援助したり経済制裁等するのでなく ウクライナ、ロシアの首脳に対話の場を日本に作らなければならない。平和を援助する事が最大の日本防衛政策である。防衛大学では軍備研究でなく如何にしたら平和的に解決できるかを研究すべきである。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ウクライナ戦争で傷つき・殺され、人生・家族・夢・仕事・故郷・大切にしていたもの全てをめちゃめちゃにされる人々と、権力者(政権幹部・軍部首脳)や軍事企業の利益 | トップページ | 9月議会 一般質問 知人への案内文 読み上げ原稿 »