2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 里山の維持管理 大変です 80歳までは自力で続けたい | トップページ | 治水は政治の重要な課題 避難計画よりも避難せずに済む対策を考え・公金で事業計画を策定・実行するのが行政と議員の仕事 »

2023年6月 4日 (日)

線状降水帯による袋井市の状況

 6月2日、静岡県各地が線状降水帯による豪雨で、被害を受けた。袋井市の被害は軽微であったが、2日夕方、3日朝、昨年9月23日に被害を受けた地域は昨年同様な被害を受けるかもと心配になり様子を見て回った。

Img_1654

 袋井駅南の田端地区の民家には水が押し寄せてきた。昨年もこの家の方は被害を受けたが、今回は床上浸水はなかったが、床下には水が入った。

この家の道路を挟んだ空き地の様子。かなり水が溜まっている

Img_1655

次は小川町北側の様子。

Img_1661

 小川町の一番低い箇所の様子。秋田川の水位は増しているが幸いにも道路や住宅地には水が来ていない。3日朝にはかなり水が引いていた。下の写真は、木原地区の一番低いところ。ここへは3日朝見に行った。恐らく2日夕方には道路が冠水したと思われる。

Img_1664

 木原地区の民家の駐車場に水が入り、家人が清掃していた。許可を得て、写真を撮った。左は間違い。右の写真が駐車場の様子。

Img_1654 Img_1668

Img_1665

 車は昨夜から避難していたので無事。

次の写真は駅南地区の水が集まる柳原のポンプ場付近の様子。

Img_1659

Img_1660

Img_1657

 水門を完全に閉じていなかったので(原野谷川の水位が上昇すると逆流を防ぐため閉じられる)、助かった。下の写真は原野谷川の様子。

Img_1656

« 里山の維持管理 大変です 80歳までは自力で続けたい | トップページ | 治水は政治の重要な課題 避難計画よりも避難せずに済む対策を考え・公金で事業計画を策定・実行するのが行政と議員の仕事 »