2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« まだ戻ってこない | トップページ | ピースボートで世界一周旅行したい »

2023年6月21日 (水)

中村哲医師の言葉

 中村哲医師カレンダー6月に、「 平和とは大地の上に築かれるもので、自然と人間の関係の在り方が大きな意味を持つような気がしてならない。」

 農業や道楽山の草刈をしながら、中村哲医師の言葉をかみしめている。平和だから安心して農作業ができる。大地を耕し(日本では大地と言えないが、土・自然の土壌を耕す)、色々な作物を栽培し、収穫して命をつなぐ。この営みは、平和な環境だからできる。

 現在の日本に暮らしていると、当たり前の環境だが、戦争下にあったアフガニスタンや今も紛争・戦争が続くスーダン、ウクライナなどでは、哲さんの言葉がその通りだと思い知らさせられる。

 戦争は破壊・命を壊すのみ。自然と人間への冒涜だ。一方、農業は命を育み、継続させる人間の営み。大地に人間が働きかけ、大地の恵みを受け取り、生活を維持する。

 猫の帰りを待ちながら、農業と道楽山の草刈に汗をかいている。下の写真は60坪の借りている畑の様子です。人間の労力で、作物が実りつつあります!

Img_1694

Img_1695

Img_1696

 じゃがいもの茎まわりに、油粕をまき、土おこしをしました。その前には草取りも。この作業は結構時間がかかり、楽ではないが、収穫が楽しみです。

Img_1697

Img_1698 Img_1698

Img_1699

 なすとピーマンは収穫できつつあります。ゴーヤのつるが伸び、7月中旬にはゴーヤチャンプルーが出来そうだ。

下の写真は、じはえきゅうり。これも7月中旬には収穫できそう。他にも、さつまいも・オクラ・大葉などを栽培しています。平和だから安心して農業ができる。ウクライナでは、ロシアがダムを破壊して、東京23区に相当する面積が水浸し。農業どころではない。農作物も台無しになっているだろう。

 自然と人間の関係性では、最低の行為だ! 

« まだ戻ってこない | トップページ | ピースボートで世界一周旅行したい »