2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« チャットGPTを使って、処理水について聞いてみました | トップページ | 磐田市&伊江村は 戦後平和の発祥地 緑十字機不時着 戦後78年の平和は 鮫島住民の支援から始まった 第6回平和大会 8月20日 レポート1 »

2023年8月20日 (日)

毎月19日は”総がかり行動日” あきらめず人々に「日本はこれでよいのか?」「戦争をさせない国にしよう!」と呼びかける記念日

 全国的に19日を総がかり行動日と定め、超党派で志ある有志が道行く人々に、「今日は安保法制が国会で強行採決された日です。解釈改憲で、日本は米軍と共に海外で武器を持って戦争ができる国になってしまったが、これは憲法違反です。戦争は絶対にやってはならない! 軍事力で国際紛争を解決するのでなく、平和外交で解決するのが、平和憲法を持つ日本の取るべき道です。」とアピールする記念日です。

 静岡県西部では、浜松駅北口で取り組まれている。袋井市でもやりたいが、駅前は閑散として効果がないので、時々、浜松まで出かけて行動に参加している。通常夕方6時から7時まで。夕食を作る時間なので、時々しか参加できない。昨日の19日は5時からだったので、3時45分から自分のスピーカーを持参して、皆が集まる前から約1時間、マイクを通して、人々に色いろなことを訴えた。

 特に強調したのは、福島原発事故由来の汚染水を海に流さないで、と、日本の軍拡・軍事大国化・沖縄南西諸島の軍事要塞化・敵基地攻撃能力を持つことの危険性・5年後に軍事費が11兆円を超える問題などです。

 5時前に仲間が集まり、にぎやかにアピールした。下の写真はその時の様子。無感心な人が多いが、中にはじっと耳を傾けてくれる人、掲示物を丁寧に見てくれる人、会釈をして賛同の意思を表してくれる人、笑顔で手を振りエールを送ってくれる若者集団などもおり、反応があるのがうれしい!

 継続は力なり。沖縄の座り込みもそうだが、あきらめづに、政府がやっていることはおかしいと、訴え続けることが大切だと実感しました。

Img_1828

Img_1829

 

« チャットGPTを使って、処理水について聞いてみました | トップページ | 磐田市&伊江村は 戦後平和の発祥地 緑十字機不時着 戦後78年の平和は 鮫島住民の支援から始まった 第6回平和大会 8月20日 レポート1 »