2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 9日、長崎原爆記念日  核抑止論は破綻している | トップページ | 富山県滑川市に3日間滞在して その2 »

2023年8月14日 (月)

富山県滑川市での体験 その1

 妻の故郷富山県滑川市に、11日から13日まで滞在した。僕は富山県が大好きだ。滑川市も古い町並みが残り、立山連峰と日本海の景色を生活の中で堪能できる。

 食べ物もおいしい! コメ、魚介類、果物、スイカなど、全国的に有名なブランド品もある。数回に分けて、感じたことをレポートします。先ずはランタン祭り。

Img_1820

Img_1819

Img_1821

Img_1822

Img_1823

Img_1824

 江戸時代、滑川のこの界隈の宿場町は、物資と人の往来が盛んでにぎわった。酒を造っていた旧宮崎家の中は驚くほど広く、中心のイベントはこの伝統的建造物内外で11日、12日に開かれていた。

 古い建物にベトナムのランタンは調和する。滑川市に住むベトナム人がこれに気づき、最初は富山県に住むベトナム人のイベントとして始まったそうだ。それが年々人を呼び込み、今では街のイベントになり、ベトナム人と日本人が実行委員会を作り、それを市当局と商工会議所が応援する大きなイベントに発展している。

 写真を撮っていないが、建物内では、カフェ、飲食販売、音楽のライブ、ベトナム料理を楽しめるコーナーなどもあった。また別の伝統的建造物内でも、飲食コーナーがあり、子供会が食事会を開いていた。

 すっかり旧宿場町にベトナムのランタンが調和し、素敵なイベントだった。国際交流を進めるうえでも、参考になる取り組みだ。

Img_1817

 

« 9日、長崎原爆記念日  核抑止論は破綻している | トップページ | 富山県滑川市に3日間滞在して その2 »