2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 総務委員会視察研修 愛媛県大洲【大洲】市訪問レポート 防災・避難がテーマ | トップページ | 総務委員会行政視察研修レポート最終回 高松市 まとめの感想 副産物? »

2023年10月 8日 (日)

#玉城デニー知事応援 辺野古代執行は民主主義に反する 無理して作る必要性が無い!

 辺野古新基地建設反対座り込み運動に初期の頃から関わる一人として、民主主義に基づく沖縄県知事選挙で再度知事に選ばれ、県民投票で埋め立て反対が多数の沖縄県民の意思を尊重して、国が求める大浦湾側埋め立て計画設計変更申請を認めない玉城デニー知事の判断を支持し、応援します。

 そもそも防衛省=政府=裁判所を含む国家権力機構が、沖縄に対してとっている態度・姿勢は、異常である。上から目線=沖縄を見下し=国に従うのは当然との思い上がり=根底にある沖縄差別が透けて見える。

 言葉では、普天間基地の危険性を早く無くすため?、沖縄の基地負担軽減?、のため、辺野古新基地建設が唯一の解決策と言う。しかしこれは全くのウソ!!!!!!

 普天間移設を日米が合意してから27年が経つ。この間、普天間基地は滑走路の強度を増す工事が行われ、移設どころか逆に永久使用される恐れが出ている。理由は簡単。米軍は、大浦湾側埋め立て工事は何年かかるか分からないことを見通し、完成しなくても困らないように普天間基地を強化しているのだ。

 騒音や危険性が増しているが、日米政府は沖縄県民の犠牲に目をつぶり続けている。植民地の住民扱いだ。特に腹ただしいのが、日米地位協定を改定しようとせず、アメリカの言いなりになっている日本政府と国会だ。具体的には外務省はアメリカに従うのが国益にかなうと信じ込んでいる。防衛省は、日米軍事同盟強化をまず沖縄で実行し、米軍基地・自衛隊基地を双方が自由に使えるようにすることが基本戦略になっている。

 いくら国民の税金がかかろうとも、意にかいしない。辺野古新基地建設は自衛隊のためでもあると認識している。事実、キャンプシュワーブ基地(辺野古にある)の弾薬庫を改修・新設工事を現在行っているが、自衛隊が米軍と共用することになっている。そのため弾薬庫に通じる新しい道路建設工事もやっている。

 最近、米軍の戦略が変わってきた。沖縄は中国に近すぎる。戦争になれば沖縄に配備した戦闘機が真っ先に攻撃され破壊される。そのため、グアムやハワイ、本国に分散配備する戦略を取っている。

 沖縄の米軍基地の役割が変化しているのだ。日本政府が作ってくれるから辺野古新基地はいらないとは言わない。しかしできなくても困らない。

 沖縄駐留海兵隊は本国の戦略変化に危機感を抱き、沖縄本島だけでなく、与那国島・石垣島・宮古島など南西諸島など各地を展開する戦略を取っている。中国のミサイル攻撃を、移動しながら避け、太平洋に出ようとする中国の戦艦をミサイル攻撃する方針だ。

 アメリカ本国の空軍・海軍・陸軍にとり、海兵隊は時代遅れで重視されていない。そこで焦った海兵隊は、離島を含む沖縄で生き残り戦略を立てている。その利害と自衛隊の利害が一致して、沖縄各地で新たな基地が作られ、全島軍事要塞化しつつある。今、台湾有事になれば、一番危険にさらされるのが沖縄である。沖縄が戦場になる!

 政府は安全保障環境整備のために、辺野古新基地完成が急がれると言うが、県民の反対を無視して、玉城デニー知事の権限を奪ってまで、埋め立てを強行する必要性は、実はない!!!!!1!

 岸田政権・自民公明与党・辺野古反対を言わない維新や国民民主党は、米軍戦略変化を正確に理解していない。  地方自治を尊重する立場から、辺野古新基地建設を断念する決断を下しても、日米関係は揺らがない。恐れる必要はない。このことも理解していない。

 日本の安全保障を真剣に考えるなら、中国を敵視せず、経済・政治・文化・観光・若者交流など、多角的に中国との友好親善関係を構築すべきだ。

 憲法を守り、日本は専守防衛に徹する。言葉の遊びでなく、軍事予算を増額しない。海外の国に脅威を与える兵器は購入しない・持たない・開発もしない。税金は国民生活を本当の意味で豊かにするために使う。こうした政策を内外に示す。実行する。これが日本の国益にかなうと信じる。結果として、沖縄の民意を尊重して、きっぱり辺野古を断念する! それが日本の民主主義を定着・強化することにつながる。美ら海を守ることにもつながる。

 アメリカから旧式のトマホークミサイルを200発前倒して来年度にも購入配備すると報道された。最終的には計400発、2000億円以上の税金を浪費する。自前の敵基地攻撃能力を持つミサイルも日本の軍事産業育成を兼ねて開発する。中国がこの日本の方針に反発するのは当然。軍拡は軍拡に繋がり、際限なく拡大する。

 日本の国益・民主主義・沖縄県民のことを冷静に考えれば、今、岸田政権がやっていること・やろうとしていることは、愚策であり、国民の利益に反すると僕は考えます。

Img_1760_20231008072401

Img_1738

Img_1724_20231008072701

 今年7月に撮影。今の日数は増えています。10月末、今年2回目の座り込み参加のため、沖縄に行く予定です。

 

« 総務委員会視察研修 愛媛県大洲【大洲】市訪問レポート 防災・避難がテーマ | トップページ | 総務委員会行政視察研修レポート最終回 高松市 まとめの感想 副産物? »