2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« #世界の軍事費377兆円。このお金を民生費に使うべき | トップページ | #浜岡原発を再稼働させない! 原告の一人として静岡地裁での訴訟口頭弁論に参加しての感想 »

2024年4月25日 (木)

自然・土・畑の恵みーー道楽山と借りている畑から

 地方都市に住むメリットは、自然の恵みを得られることです。道楽山の斜面からわらびが自然に生えて、毎年わらびの収穫ができます。

Img_2531

Img_2526

 この写真は4月中旬撮影。4月20日もこの斜面からたくさんわらびを収穫しました。実は、道楽山を購入する前、わらびの収穫は春野町の山や掛川の小夜の中山まで行って、勝手に少しおすそ分けを頂いていました。しかし今は自分の山なので、気分は良いです。

 わらびはあげや黒ハンペンと一緒に煮ると美味しいです。パソコンでわらび料理レシピを検索し、わらびナムルの作り方が紹介されていたので、試しに作ったところ、とても美味しかったです。

 上の写真にふきの葉っぱがありますが、20日はたくさんふきも収穫できました。

道楽山の梅の実はまだ小さいが、6月には収穫できます。

Img_2528

Img_2530

 柿の葉っぱの若草色(萌黄色)は、食べたくなるほどきれいです。

Img_2525

 新緑とこてまりの花。草刈は大変だが、道楽山の恵みは心の安らぎです。

Img_2537

Img_2536

Img_2538

Img_2547

 自転車で行ける近くの借りている畑。草を取った後、肥料(乾燥牛糞とバーク堆肥)をまき、ミニ耕運機で畑を耕し、畝を作りました。かなりの時間と労力がいりますが、作業は単純デ、ストレス発散に良いです。きれになっていく畑を見ると、達成感・充実感が得られます。

 自治会の仕事や落合恵子さん講演会準備の合間をぬって、近く色々な作物の苗を植える予定です。

Img_2535

Img_2534

 3月に植えたジャガイモが芽をだし、成長してきました。菜種油肥料を幹の周りにまき、土をかぶせたのが上の写真。6月には新じゃがの収穫が出来そう。

Img_2548

 以前草に覆われ、姿が見えなかったたまねぎ。鶏糞を周りにまいた状態の写真です。草取りをしなかったので、成長が遅れている。農作物は正直です。愛情をこめて世話をしてあげないと、立派に成長できません。もっとたくさん鶏糞をまいてやる必要があります。

 農作業は楽ではないが、人間と自然の関係が良くわかり、収穫や労働する楽しみが得られます。後期高齢者になっても、85歳、90歳になってもやれる素晴らしい仕事です。

 福島原発事故で農業が出来なくなった人たちの中で、仮設住宅に入り、やれることがなくなり、うつ病になったり、体力と元気がなくなり介護が必要になった方が大勢おられます。

 能登半島地震の被災者の中には、そうならないよう孤立した集落に踏みとどまり、互いに助け合いながら農業を続けておられる方たちがいます。立派だと思います。

 

 

« #世界の軍事費377兆円。このお金を民生費に使うべき | トップページ | #浜岡原発を再稼働させない! 原告の一人として静岡地裁での訴訟口頭弁論に参加しての感想 »