2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 農業・家庭菜園・有機野菜、地方都市の贅沢 | トップページ | #与那国島の町長・糸数健一氏とエマニュエル駐日アメリカ大使の面談、映画「戦雲」を見ての感想 »

2024年5月17日 (金)

#5月15日沖縄が日本復帰した記念日、現地では祝う日でなく、米軍に代わり日本政府に支配されるようになった日と位置づけされている

 5月15日は、タイトルにも書いたが、沖縄では祝日でなく、米軍基地を固定化・自衛隊基地拡張・新設、中国との戦争を想定したミサイル基地化、弾薬庫拡充・新設、要するに軍事要塞化を進める日本政府への抗議・怒りを表す日となっている。

 このままでは沖縄が戦場になる! 本土に住むヤマトンチュウ(僕たちのこと)とウチナンチュウ(沖縄の人々)との戦争になるとの危機感の落差は大きい。

Img_2607

 三上智恵さんの本「戦雲」いくさふむ、を映画化した「戦雲」の上映会が、今日17日から、浜松市のシネマイーラで始まる。全国各地で上映会が開かれ、やっと浜松市でも見れる。

 すでに本は読み終えている。この映画に出てくる与那国島・石垣島・宮古島の軍事要塞化の実体とそれに抗う人々の闘いの様子は、この2月に袋井市役所市民ギャラリーで写真展を開催して、市民に紹介している。

 映画はさらにリアルに迫力をもって、僕たちに訴える力を持っている。今日、映画を見に行きます。

下の写真は市役所での写真展で展示したものの一部です。

Img_2444

Img_2443

Img_2443 Img_2445 Img_2447

« 農業・家庭菜園・有機野菜、地方都市の贅沢 | トップページ | #与那国島の町長・糸数健一氏とエマニュエル駐日アメリカ大使の面談、映画「戦雲」を見ての感想 »