2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

スポーツ

2016年6月19日 (日)

イチロウ選手を尊敬する

 僕はこれまでブログで、野球について書いたことは一度もない。しかし、イチロウ選手の最多4257安打達成は、書かずにはおれない。
 日米通算の記録とか、日本人選手がアメリカで偉業を成し遂げたとか、マスコミが騒ぐ問題には興味がない。
 イチロウ選手のプロ意識、人間の限界まで挑戦する精神力、記者会見で見せる淡々とした個性・人間的魅力に、尊敬の念をもって引き付けられている。
 自己のベストをいつでも引き出せるよう、体調管理・筋力体力維持・けがをしないよう入念な準備運動、そして技術向上のため人一倍の練習、それを実践する強い意志力。
 すごいと思う! 数々の記録を打ち立てても、おごらない・そこに留まらない。日々努力し、目標を持つ。
 彼は野球の世界で努力しているが、彼のプロ意識は、他の全ての分野に通じる。僕は市民運動という分野でそれなりの苦労と努力をしているが、イチロウ選手に学ぶべき点が多々あると思っている。

2015年10月 5日 (月)

久し振りのヨット

 学生時代にヨット部に所属し、ヨットを楽しんだ。卒業してからもしばらく浜名湖で、ヨットに乗ったが、昨日(10月4日)、本当に久し振りにヨット帆走を楽しんだ。

Img_4477


Img_4463


Img_4465


Img_4467


 北九州大同窓会のつながりで、ヨットを清水港で所有している方のクルーザーに乗せてもらった。大学時代のヨット部の後輩Iさんや同窓会静岡県支部長Sさん、Hさん、それに僕が、オーナーと彼の友人と共に、伊豆半島の戸田までクルージングを楽しんだ。

Img_4472


Img_4470


Img_4479


 戸田に上陸して、昼食。アジのたたき定食は美味しかった。

Img_4478


Img_4480


Img_4481


Img_4476


 この日は快晴。午前は風が弱かったが、午後は程度な風吹き、快適なクルージングだった。富士山がきれいに見えなかったは残念だったが。

Img_4461


 後輩のI君は、ヤマハでヨットを販売の仕事をやっていただけに、ヨットに詳しい。オーナーから、レースの即戦力だからまた同乗してほしいと頼まれていた。

2014年2月21日 (金)

ソチオリンピック 森元首相の心ない発言 東京五輪組織委員長を辞任すべきだ!

森元首相の浅田真央さんへの心ない発言は許せない! このような人物は、東京五輪組織委員長の資格なし! 辞任すべきだ!

 フィギュア個人戦SP16位の浅田真央選手の結果に対し、森善朗東京五輪・パラリンピック組織委員会会長は、20日福岡市での講演で、「あの子、大事な時に必ず転ぶ」と発言。

 今朝のテレビで、個人戦フリーをノーミスで終え、納得いく演技を無事に終えた喜びで涙ぐむ真央さんを見ただけに、この森元首相の心ない発言には怒りを感じる。

 フィギュアのジャンプは、誰だって失敗する可能性がある。オリンピックは特別なプレッシャーがかかる。フィギュアに限らず、他の種目でも、日頃の実力を出し切れない場合がある。

 失敗したからと言って、五輪組織委員会のトップが「あの子、大事な時に必ず転ぶ」と非難するようでは、選手はのびのびとプレーできない。委縮・緊張するだけである。

 選手が実力を出せるよう、伸ばせるよう、背後で支えるのが、組織委員会だと思う。また森氏は、団体選に「負けると分かっていた。浅田選手を出して、恥をかかせることはなかった」と、フィギュア協会を批判もしている。

 結果は誰にも分からない。協会の選手選出はこれがベストだと判断してやったこと。結果がでないから、あれこれ言うのは、スポーツ会のトップ(森氏は、日本体育協会名誉会長でもある)として間違っている。

 森善朗氏は首相としても恥ずべき人であったが、組織委員会会長としても不適格。即刻辞任すべきだ。

2014年1月17日 (金)

元プロボクサー・袴田巌さんは無実だ!

元プロボクサー・袴田巌さんは無実だ! 

 1月13日、静岡市で無実の死刑囚・袴田巌さんの再審開始を求める全国集会があり、参加した。

001


012


 上の女性は弟の無実を訴えるお姉さんのひで子さん。

002


 西嶋勝彦・袴田事件弁護団長が、スライドで分かりやすく袴田さんを有罪としたでっちあげ証拠の矛盾を解説。裁判所もこちら側有利の訴訟指揮をしている、春には再審開始の判決が出されるだろうと、自信に満ちたお話をしてくれた。

004


 ジャーナリスト・江川紹子さんが、「冤罪の構図と裁判官の責任」と題して講演。以下講演の要約。

 警察・検察は,こいつが怪しいと決めると、有罪にするための証拠のみを集める。また自白を強要する。矛盾がある証拠は無視。

 

 裁判官は紙に書かれたもの=調書を重視・信用する。だから検察は自白調書(時にでっちあげでも)を作る。

 被疑者は長期間拘束され、家族や友人に会うことができない孤独な環境に置かれる。警察・検察官から否認すればここから出れないぞ、と脅され、自白すればこの苦しみから解放されると、相手の誘導に従ってウソの自白をせざるをえない状況に追いやられる。

 これは当事者になってみなければわからない。やっていないのならやりましたと自白するわけがないと、よく言われるが、これは誰にも起きうる。接見禁止・長期の拘束・孤独感という環境で、ウソの自白調書が作成され、裁判官はそれを信じる。

 マスメディアも、警察・検察の発表をうのみに大きく報道する。自ら事実かどうか検証することはない。裁判所が冤罪と認めなければ、つまり権威ある機関が冤罪と判断しなければ、マスメディア自身が冤罪・疑わしいと報道することはない。

 一般の人もマスコミ報道を信じる。こうして冤罪が作られていく。そして冤罪を晴らすには、途方もない努力と時間がかかる。

 こうした社会的不正義に裁判所・裁判官は無自覚である。

 最後に袴田さんを支援している色々な方からの発言があった。

007


 上は元WBCチャンピオン・輪島功一さん。

008


 深川事件で無罪を勝ち取った杉山さん。彼は東京拘置所で袴田さんと一緒だった。

009


 免田栄さん。死刑囚から無実を勝ち取った免田さんの言葉は鋭かった! 『冤罪は権力犯罪だ!』 その通りだと思う。

011


 島田事件で無実を勝ち取った赤堀正雄さんもかけつけてくれた。

005


006


 会場は超満員。350人が参加。マスコミもたくさん来ていた。この会場の熱気が裁判官に伝わることを願っている。